CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>





ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSOREDLINKS
ピクミー
お友達
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
蓼科〜八ヶ岳 2002.9/9(月)

2002.9.9

 

蓼科のお風呂はジャグジーにサウナだったけど、八ヶ岳は、
露天風呂にサウナの温泉です。
8日夜に入ったのですが、大浴場に一時1人の時間があって、
泳いじゃったりしました。
でも、1人だと思ってたけど、サウナに人がいて、脱衣所にも
親子がいて、泳いでる所を見られちゃったかも。(* ̄m ̄) ププッ

バイキングの朝食を食べたあと、小淵沢I.Cのすぐそばにある
「花パーク フィオーレ小淵沢」 へ行きました。

宿泊先で、入園料700円のところ、630円で発売していたので
購入して向かいました。

オープンして3年目のだんだん畑をお花畑へ変わった施設で
コスモス、キバナコスモス、ガウラ、ブルーサルビア、彼岸花、
そして懐かしい、がまの穂などもあり、お花の中を歩いていくのは
とっても気持ちが良かったです。

昆虫美術館が中にあるのですが、蝶や甲虫類のコレクションは
見応えがありました。
1階から2階へ登るときに見える2000匹のモルフォ蝶の壁は
凄く神秘的で綺麗でした。
本当は長坂のオオムラサキ博物館へこの後、行こうかと思っていたの
ですが、ここで満足してしまったので、シャトレーゼの工場見学へ
行くことにしました。

…が、その日は工場見学中止日と門のところにあって、がっかり!!
思い切り、シャトレーゼのアイスをおなかいっぱい食べようと
思っていたのに。。。(゜◇゜)~ガーン

がっかりした私たち、白州の道の駅で、地元の農作物であるぶどうの
ナイアガラを一箱買ってきました。
ここは、名水百選でもある、甲斐駒ケ岳の南アルプス天然水で
有名な天然水がずーと出ていて、ポリ容器やペットボトルへ
みんなその水を汲んでいました。
それも半端な量じゃないんですよー。2リットル6本とか…。
ここで、道の駅スタンプラリー参加店って書いてあったのですが、
スタンプ帳を貰う勇気が出ず、そのままに。。。

地元の街道沿いのラーメン屋さんでお昼を食べ、高速に乗らず
のんびり走りました。
国道20号の笹子トンネル手前の甲斐大和の道の駅で休憩し、
念願の道の駅スタンプラリーのスタンプ帳をゲット〜♪
12/15までなので、またドライブへ連れて行ってもらって、
スタンプを押していきたいなあって思ってます。

大月まで国道20号で走って、中央高速で東京へ向かいます。
トンネルを通り東京へ近づくたびにお天気が悪くなり、八王子では、
暗いし雨〜って感じで降ってました。

家へ帰宅し、隣の義父母へ買ってきたナイアガラを見せると、
大喜びしてくれました。
 

| 旅行回想 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
蓼科〜八ヶ岳 2002.9/8(日)

2002.9.8

 

祈りが通じたのか、木漏れ日が爽やかな朝を迎えました。
朝、ジャグジーとサウナのある大浴場で体を目覚めさせてから、
出発です。

無料化になったビーナスラインを満喫するドライブの始まりです。
白樺湖を抜け、車山高原で一休み。
ニッコウキスゲがチョコッと残って咲いてました。

美ヶ原高原美術館へ行こうと思っていたため、ビーナスラインを
ひたすら車は走っていきます。
霧が峰高原を車窓から眺め、山々の緑や高山植物を眺めながら、
美ヶ原高原美術館へ到着しました。
ビーナスライン無料化に伴い、美術館の入館料も1400円から
1000円へ引き下げられ、宿泊施設で貰った割引券で900円で
入場してきました。
ここはフジサンケイグループの施設ですので、エントランスには、
今日のわんこの写真パネルやビデオがあり、心を和ませてくれます。

入館すると、絵画館では、ピカソ展でしたので、ピカソの世界を
楽しんだ後、いよいよ屋外展示場へ向かいます。
外へ出るところが、あの「アモーレの鐘」のある鐘楼です。

屋外展示場には、マツムシソウやオヤマリンドウ、ヤマハハコ、
アキノキリンソウ、ゴマナなどの秋の高山植物が咲いており、
色々な造形物・彫刻物が点在している中を歩く美術館です。
「箱根・彫刻の森美術館」の姉妹館です。
一番高いところにあるのが、ミロのビーナスをはじめとする
模刻のビーナスが飾られているビーナスの城まで登って
行きました。

全部の造形物を見て歩くとなると2時間くらいかかってしまうので
見たい彫刻物を選んでお散歩って感じで歩いてきました。
アモーレの鐘をお聞きになりたい方はここをクリック♪
私は生を、2回聞いてきましたよん。

たっぷり高原美術館で楽しんだ後は、白樺湖畔のお気に入りのお店で
昼食を取るために、途中から国道を通ったりして、違う景色を
楽しみながら白樺湖へ戻りました。

昼食後、白樺湖畔を少し散歩した後、蓼科湖へ向かいました。
蓼科湖で、夫はバギー体験をして子供に帰ってましたね〜。
私はスカートだったので、乗らなかったのですが、面白かった様です。

そして、宿泊地の八ヶ岳へ向かいました。
 

| 旅行回想 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
蓼科〜八ヶ岳 2002.9/7(土)

2002.9.7

 

今回の旅行は、8月の旧盆に夫が休めず、義父母をお墓参りに
連れて行こうという夫の考えからだったのですが、結局は2人で
行くことになったものです。
1泊目は蓼科、2泊目は八ヶ岳の夫の会社の保養施設に泊まること
だけが決まっていて、あとは移動中に考えるという旅行でした。

9/7(土)
東京があまりいいお天気ではなかったため、のんびりと9時過ぎに
出発しました。
甲府盆地に入ると、山の方は雲がかかっていましたが、雲が多い
ながらも、お日様が出ていて暑く、思ったより良いお天気だったので、
ほうとうの昼食を食べるために、甲府昭和で降りて、夫はかぼちゃ、
私は茸ほうとうを美味しく戴きました♪
ウンナンの気分は上々でもロケされたことのある、ここで食べました。
何回もここで食べてるけど、美味しいですよ〜♪

はじめは松本まで行ってから、蓼科へ行こうとしたのですが、
諏訪湖S.Aで諏訪湖を眺めているうちに、諏訪湖近くにある夫の
祖父母のお墓参りに、義父母の代わりに行くことに予定を変更し
お墓参りをしてきました。

その後、諏訪湖をドライブしていると、諏訪湖のほとりにある、
下諏訪町立『諏訪湖博物館・赤彦記念館』特別公開「諏訪の旧石器展」
が、9/8(日)までだったので、見学することにしました。
1階には、黒曜石の石器が沢山展示されていました。
古代ロマンの世界です。

そして2階には、諏訪湖の昔の漁業の船や網、下駄スケートから
清水選手のスケート靴まで展示されていました。
そして、アララギ派の歌人「島木赤彦」の作品や自筆の手紙、遺品
などが展示されていました。

今年の2/22から無料になったビーナスラインと大門街道を走り
蓼科の宿泊地まで向かう途中でのスーパーで買出しをして車に
戻ろうとしたら、雨が降り出していました。
もう、宿泊施設に入るだけなので、翌日お天気になりますようにと
祈りながら休みました。
 

| 旅行回想 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
長瀞へ 2002.8/24(土)-25(日)

2002.8.24-25

 

24日(土)は、夫が9時過ぎに実家へ迎えに来てくれて、関越道に乗り、
花園I.Cから、一般道で長瀞へ向かいます。
初めは曇っていた天気も、晴れてきて長瀞に着く頃には暑く
なってきました。
長瀞の駅前は、有料駐車場だらけだったし、夫の友人達との待ち合わせ
が、埼玉県立自然史博物館だったので、場所を確認した後、早めに
お昼を上長瀞の駅前の手打ち蕎麦屋さんで戴きました。
きのこ汁そばを食べたのですが、もりそばを温かいきのこ汁につけて
食べるもので、美味しかったです。

携帯電話で連絡を取りながら、宿泊先を確認後、埼玉県立自然史博物館
へ行くと、友人家族2家族が博物館駐車場にいて、一緒に河原まで
行って、2家族のお弁当タイムにお付き合いしてから、博物館へ
入場しました。(入場料100円)
巨大ザメのカルカロドン メガロドンが入り口の頭上にあり、出迎えて
くれます。
鳥の剥製が並び、機械を借りると泣き声が聞けることになっているの
ですが、全部貸し出し中で借りられず残念!!
長瀞は、地質が目で見れる場所ということもあり、博物館内部は地層
・石の展示があり、その後、触れる剥製コーナー、林の中の生き物が
展示されてました。
A氏家族は男の子2人、Na氏家族は女の子と男の子で、剥製コーナーは
喜んで触っていましたよ♪
博物館を見終わった時に、独身者のNi氏が合流して、宿泊先へ車を
2台置いて、2台に分乗し宝登山ロープウエイに乗って山頂へ。
山頂には、宝登山動物園があるので、往復ロープウエイ宝登山動物園
セット券(1100円)を購入しました。
山頂駅から、5分ほど歩いて動物園へ。。。
って言っても、最初に見れるのが、うさぎとやぎに有料のエサを
あげる所。A氏の男の子2人は楽しそうにエサをあげてました。
さる園は、やはり有料のエサをあげる事が出来ます。
そして、鹿園には、鹿・ガチョウなどが放し飼いになっており、孔雀・
プレリードッグ・ホロホロチョウ・鵜こっけい・名古屋コーチンなどが
檻のなかにいました。
私が小学生の頃、ここは放し飼いの猿園・鹿園で、動物園ではなく、
今回も、動物園って言うほどのものではなかった気が…^_^;
ロープウェイで下山し、宿泊先へ。

宿泊先は民宿だったので、隣のホテルの日帰り入浴温泉へ夕食前に
出かけ、入浴。あわ風呂は熱くて少し入って諦め、ジェットバスで
のんびり疲れを癒しました。
民宿で花火セットを用意してくれていたので、男性陣と子供達で
夕食後花火をしてもらい、女性陣は、部屋でおしゃべり♪
部屋で本当はいけないんだけど、持ち込んだお酒で飲み会。
男性部屋、女性と子供部屋に別れて就寝。

25日(日)は、長瀞ライン下りをしました。
台風の影響で4日間休業し、金曜から再開し始めたそうで、水量が
多めで流れも速かったので、20分以上かかるライン下りも、17分
程で下っていってしまうとのこと。。。
途中、巨大岩から飛び込む人達のいる個所があり、船に乗ってる私達が
拍手して、飛び込んでもらったりして楽しい体験でした。
ライン下りの出発点の上流へ行き、川遊びをしてから、秩父そばの会の
お蕎麦屋さんで、昼食を食べて解散しました。
 

 

| 旅行回想 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都3日間・2002.4.4(木)

2002.4.4

 

4/4(木)の最終日、まず、展望風呂での朝日を浴びながら、京都の
街中を眺めつつ、お風呂で頭の中をはっきりとさせました。
部屋へ戻り、おにぎりなどで簡単な朝食をとってから、京都御所へ
地下鉄で向かいます。
9:00からの拝観で、10分前には参観者出入り口である清所門へ
来てくださいということで、ぎりぎりになってしまった私達。
清所門には、警備の人が数人いて、チョットどきどきしちゃいました。
待合室へ入ると間もなく、係りの方の説明が始まります。

御車寄・宜秋門・清涼殿へ続く殿上の間〜諸大夫の間のふすまや畳の
説明、新御車寄・紫宸殿・建礼門・清涼殿・小御所と御池庭・蹴鞠の
庭・御学問所・剣璽の間・御三間などの要所要所で、係りの方が説明
してくださいました。

50人くらいの人と一緒に回るので、説明は聞こうと思って前の方へ
行かないと聞こえないかも。。。
そして、参観していく場所が終わるたび、警備の人がロープを張って
しまうので、チョット追われてる感じかしら。
でも、壮厳な感じで素敵でした。

現在公開しているのは、京都御所の半分くらいとのことで、天皇ご在位
○周年などで、奥の方まで公開するときがあるらしいので
(そのとき、参観出来るのは、抽選らしいですが)
また参観したいなあって思いました。

次の晴明神社までは、京都御所から歩いて行きました。
地図が悪いのか、近くへ行ったあたりで迷ってしまいました。
晴明神社は、社務所を新しくしたり、境内(?!)も新しくしようと
工事中で、ちょっとイメージとは違ったけど、陰陽師関係の芸能人や
著名人の方々の絵馬が飾ってあって、楽しめました。

hanamiちゃん達とは、ここで別行動することになり、私達は、
南禅寺の近くで湯豆腐セットがKYOTO・CLUBで10%割引に
なるというので、早めのランチで食べてきました。
豆腐田楽や野菜の天ぷらもついていて、美味しかった〜♪

食べ終わったあとは、南禅寺へ向かいました。
初めて行ったのですが、凄く広くてびっくり!!
拝観するかどうか迷ったけど、三門だけでも大きいのに、他のところも
見るとなると時間も無いし、昨日まで歩いて疲れているようなので、
三門のところまで行って、南禅寺観光は終わりにしました。
三門はとても大きくて立派でしたよ。

その後、哲学の道へ行きたいという私の希望で、哲学の道へ行きました。
哲学の道の桜も、ほとんど終わってしまっていて、残念!!
私のいいと思うところまで歩いて、哲学の道を後にしました。

ホテルへ荷物を取りに戻り、京都駅でお土産を買って、新幹線の時間まで
ホテルグランヴィアのティーラウンジで、ケーキセットを食べてから、
(* ̄m ̄) ププッ
hanamiちゃん達とホームで合流しました。

そうそう、KYOTO・CLUBで3000円以上買うと、粗品を
書いてあったお店で、お土産を買ったんだけど、粗品が京都らしく
友禅の入れ物のソーイングセットを貰っちゃいました〜♪
うれしかったなあ〜。

今回は、かやりんに旅行の手配をしてもらい、本当にお世話になりました。
そして、京都に詳しいぴょんぴょんの助言を得て、私の行きたい所へ
行かせてもらった感じの旅行で、本当に満足のいく旅行でした。
(こんなに下調べしないで行った旅行も久しぶりかも。。。)
hanamiちゃんとは、お嬢さん達がいる関係で、なかなか一緒に行動
出来なかったけど、のんびり展望風呂でお話できたし。。。
本当に楽しい旅行でした。
みんな・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°
そして、送り出してくれた夫にも感謝を♪(* ̄m ̄) ププッ

そして、番外編へ…

 

 

続きを読む >>
| 旅行回想 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都3日間・2002.4.3(水)

2002.4.3

 

4月3日(水)
昨夜のホテルの展望風呂が混雑していたのにうって変わり、
人も少なく、京都タワーや京都駅を見ながら、のんびりと
ジャグジー個所で幸せ気分に浸ってから、部屋へ戻りました。
隣の部屋のhanamiちゃんから、お嬢さん達がお腹がすいたので
もう、しっかりと朝バイキングへ出かけてきたという筺
今日のやいちゃんは、お着物に着替えての観光で、hanamiちゃんと
お嬢さん達も、レンタル着物を着るというので、ぴょんと私も
そのレンタル着物に便乗しようかと思ったけど、レンタル屋さんへ
行ってしまうと、最大目的である「金閣寺」へ行けなくなっちゃうので、
諦め、髪の毛だけ、和装し様(?!)にしていきました。
(ただ単に暑かったし、髪の毛をアップするヘアアクセサリーを
使っただけで〜す。(* ̄m ̄) ププッ)

昨日、三吉ちゃんに調べてもらった京都御所の宮内庁へ電話をし、
電話だけで翌日の参観申し込みが出来るかどうか聞いたのですが、
やっぱり、身分証明書を持って代表者が行かないと申し込みが
出来ないというので、
(本来は、2ヶ月前に往復はがきで申請しなくてはいけない。)
やいちゃん・ぴょん・私で京都御所の事務所へ行くことにしました。
hanamiちゃんとお嬢さんたちは、レンタル着物のところへ行くと
いうので、別行動することになりました。

タクシーで行こうか、地下鉄で行こうか迷ったけど、ひとまず
地下鉄で向かいました。
東京と比べると、京都の地下鉄は運賃が高い気がしました。
東京の地下鉄初乗りは160円なのに、京都の地下鉄初乗りは200円
で、それも2駅目くらいから230円とは。。。
乾御門から宮内庁京都事務所へ来て下さいと言われていたのですが、
乾御門には、「乾御門」と書いてないので少しわかりづらいかなって
思って冗談で、「乾御門とわかるように私が書いておこう」って言ったら、
2人に「東京へ帰れないからやめてね」って言われちゃいました。
特に、参観責任者というか、身分証明書の免許証のコピーを撮られてる
やいちゃんは、切実に「やめてよね〜」って言ってました。
(* ̄m ̄) ププッ
翌日9:00からの参観申請をしたあと、急にお腹のすいた私達。

KYOTO・CLUBに載ってるお店はどこも11時過ぎで、場所も
思ったところになかったので、ガイドブックに載っていた、金閣寺へ
行く途中の仁和寺近くの、おから料理のお店でブランチ。
五穀米(あわ・ひえ・きび・丸麦・はと麦・古代黒米)と、とろろの
ランチ定食を食べました。
古代黒米がお赤飯のようにお米を赤く染めていて、とってもヘルシー
って感じのランチでした。

地下鉄は、東京が安いのかもしれないですね。JRも山手線だと
もっと安くて、初乗り130円だし。。。
さて、お腹いっぱいで満足した私達は、タクシーで「金閣寺」へ
向かいます。
私は、修学旅行のとき、金閣寺はまだ塗り替えてなくて、綺麗じゃない
ということで、銀閣寺にしか行ったことがなかったんです。
だから、金閣寺は今回の旅行で観るのがとっても楽しみだったんですね。
タクシーで、仁和寺〜龍安寺〜金閣寺はきぬかけの路と呼ばれて
この路の桜並木がとてもきれいでした。
金閣寺へ到着し、拝観券を買うところから、屋根の上の金の鳳凰が
見えて、買う前から私はo(^ー^)oワクワクしちゃいました。
拝観券(400円)は、趣向を凝らしていて、お札でした。
中へ入ると、もう、金閣にくぎ付けって感じです。
鏡湖池に映えて1987年に金箔を張替られた金閣が、とても綺麗に
見えました。
正式名称を鹿苑寺と言い、お釈迦様をまつった舎利殿「金閣」が
特に有名なため、金閣寺と呼ばれているそうです。
(1994年、世界文化遺産に登録。)
予定が詰まっているため、その後は駆け足で見ていきました。
金閣の裏の龍門の滝の前にあった、鯉魚石(りぎょせき=鯉が滝を
登ると龍になるという中国の「登龍門」にちなんで置いてある)には
ちょっと、ギョッとしましたが。。。
茶席の「夕佳亭」を見て、金閣寺をあとにしました。

次は、やいちゃんがお守りを買い直すということで、一年中、鈴虫が
鳴いていることから通称「鈴虫寺」と呼ばれる、「華厳寺」(500円)へ
行きました。
ここの和尚さんのお話を楽しみ、願いを聞き入れて来てくれる
お地蔵様にお願いをしてから、hanamiちゃんたちと合流することに
なってる、都をどりの会場へ。(三吉ちゃんが紹介してくれました♪)

この時のタクシーの運転手さんには、お世話になりました。
公演は、14時からだったんだけど、お抹茶付の指定席(4300円)
しか買えなかったため、13:20までに祇園甲部歌舞練場へ
行かなくてはならなかったため、一方通行の昔ながらの京の道を
びゅんびゅん飛ばしてもらい、どうにかhanamiちゃん達と
合流出来たのでした。
hanamiちゃん達は、素敵な和服姿で私達を待っていてくれました。
お抹茶と、とらやの和菓子はとても美味しくて、和菓子の載っていた
「お皿はお持ち帰りください」とのことで、お皿はいらないと言う、
ぴょん・やいちゃんの分も戴いて旅の思い出を増やしました。

都をどり…^_^;、素敵な踊りだったんですが、疲れていたようで、
所々、寝てしまってました。。。すみません・・・m(__)m

終わったあとは、祇園を歩き、手焼きのお煎餅を賞味しつつ、
八坂神社へ。
ここで、着物をレンタル屋さんへ返しに行くというhanamiちゃん達と
別れ、一年坂〜二年坂〜産寧坂を通り、清水寺へ行きました。
清水寺(300円)のしだれ桜は綺麗だったのですが、他の桜はほとんど
散ってしまった感じでした。
黄砂の影響と雲行きが怪しくなったため、清水の舞台からの眺めは
イマイチだったけど、やっぱり清水の舞台は凄いなあって感じです。
音羽の滝はどの滝が学業・長寿・金運(?)の滝だかわからず、
真ん中を飲んできましたが、何だったのでしょうね???
知ってる方がいたら、教えてくださいね。

清水寺を後にする頃には、急に冷たい風が吹いてくるように
なったので、かやりんも着物から洋服へ着替えるということで、
タクシーでホテルへ戻りました。
ホテルへ戻ると、hanamiちゃんから、夕食後待ち合わせしようという
連絡があり、私達も急いで四条河原町の方のぴょんぴょんお薦めの
うどん屋さんへ行って夕食。美味しかった〜♪
でも、高台寺の夜間特別拝観(600円→500円)をhanamiちゃん達と
一緒に観るため待ち合わせしたんだけど、またもやhanamiちゃん達を
お待たせしちゃいました。ごめんね〜m(__)m

霊山観音を右手に見ながら、ライトアップされている高台寺へ。
ここは、豊臣秀吉の菩提を弔うために、秀吉夫人の北政所(ねね、出家し
高台院湖月尼)が、開創したお寺。
お庭は、ライトアップされ、一味違ったいて、とても綺麗でした。
まず、開山堂へ行き秀吉かと思った像が、ねねの兄、木下家定と知り、
あれ?っと思ったが、次に行く霊屋(おたまや)に、秀吉と北政所ねね
が、祀られていました。
傘亭・時雨亭は建物の周りを歩いただけでしたが、その後の竹林の
ライトアップが素晴らしかったです。
方丈へ靴を脱いで上がり、方丈前庭の桜のライトアップにしばし
見とれ、高台寺を後にしました。

ここで、hanamiちゃん達は、寒くなったのでホテルへ戻るというので、
再び別行動。
私達は、かがり火の焚かれた円山公園で、しだれ桜のライトアップを
見て、京都の人もお花見するんだあって、妙なところで安心し、
青蓮院門跡の夜間特別拝観へ行くため、知恩院の前を通っていきました。

青蓮院門跡(500円)は、比叡山延暦寺の三門跡の一つとして知られ、
現在は天台宗の京都にある五つの門跡寺院の一つ。
門主が皇族関係に限られていたため、皇室に関係が深い寺院。
庭園を見渡せるところで、お茶席が用意されていたけれど、時間が
なかったので、そこの方の説明だけでそこをあとにしたけれど、
そこから撮影したお庭は、J○東海の「そうだ、京都へ行こう」の
キャンペーン写真にも使われていたと言うほどの素敵な眺めでした。

建物から出て、その自慢のライトアップされたお庭を歩き、ここでも
見事な竹林をみてから、不思議な文字の浮かび上がる場所へ。
その文字が浮かび上がるときに念じるといいらしいので、念じて
きました。
その後、鐘楼があり、「ご自由にお撞きください」となっていたので、
もちろん、撞いてきましたよん♪
(ここで、ぴょんとおばさまの会話があるんだけど、省略。(* ̄m ̄) ププッ)
とても綺麗に響いて、よかったです。

その後、四条大橋まで戻り、鴨川沿いの先斗町通りにあるバーで、
(偶然にも、ぴょんぴょん・かやりん2人が別々に行ったことのある
バーだったの。凄い偶然だよね〜。)
hanamiちゃんたちも合流し、カクテルを飲んでから、ホテルへ
帰りました。
もちろん、展望風呂へ行って京都タワーのライトアップの見納めを
することは忘れませんでした。(o≧∇≦)o
 

| 旅行回想 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都3日間・2002.4.2(火)

2002.4.2

 

夫が、戻って来る来ないという忙しい時でしたが、転勤の決まる前に
計画していたので、夫には悪かったのですが、4月2日(火)から4日
(木)まで2泊3日の京都旅行へ出かけてきました。

やいちゃん・ぴょんぴょんちゃん・hanamiちゃん&お子ちゃまと友達
と一緒に女6人で2日(火)に新幹線で京都入り〜。

まず、Nachinちゃん&お子ちゃまに再会し、一緒にランチオフ会場へ。
(hanamiちゃんのお子ちゃまと友達は、観光へ。。。)
メンバーは他に再会組のchamiさん・りぃせさん・PARUちゃん・
リンカちゃん・pin-booちゃん&お子ちゃま2人・KOHIちゃん&
お子ちゃま2人。
そして、初対面のかるさん・ファジャさん・みかん♪ちゃん・
梅干しさん&赤ちゃん。
大人15人・子供6人の大人数でしたが、3時間ほどのんびりと
出来たので楽しくお話できました。

解散後、私達4人とりぃせさんは、京都駅の長〜いエスカレーターに
乗って、京都の街並みを一望できる屋上へ。
宿泊ホテルを確認出来たので、りぃせさんと別れたあとは、ぶらぶらと
歩いてホテルへ向かうことにしました。
東本願寺が途中にあったので、参拝していると、参拝時間が17時
だったのか、お堂の扉が閉められていくという貴重な体験ができ、
よかったかも。(* ̄m ̄) ププッ

ホテルでしばらく休んだあと、今度はナイトオフへ〜\(^o^)/。
三吉ちゃん・@らんちゃんと再会して、三吉ちゃんが予約してくれた
お店へ。
hanamiちゃんのお子ちゃまたちも合流して、楽しいひとときを
過ごすことができました。

京都の地下鉄に乗ったことの無い私のわがままで、ホテルへは、
地下鉄に乗り、帰りました。
楽しい思い出を胸に、ホテルの展望風呂で疲れを癒し、それぞれの
部屋で休みました。
(京都旅行記は、つづく。。。)

京都オフでお会いできた皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
とても楽しかったです。
また、機会があれば、お会いしたいです。
そして、東京へお越しの際は、ご連絡くださいね〜(^o^)丿
 

| 旅行回想 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
箱根へ 2002.3.25(月)

2002.3.25

 

25日(月)は、5時過ぎに目を覚ましまして、5時半には、
朝風呂〜\(^o^)/
この旅館には、源泉が4つあって、夜中の0時に、男風呂と女風呂が
入れ替わるシステムだったので、昨日、入らなかった古代檜風呂と
もうひとつの露天風呂と美肌風呂と、温泉のはしごをしてきました。
(* ̄m ̄) ププッ
露天風呂なんて、一人で気持ちよくのんびりと入っちゃいました♪

朝食は、もうお腹空きまくりで、ご飯のおかわりしちゃいました。
普段、朝食を食べない私ですが、何故か旅行の時は朝食が美味しくて
パクパク食べちゃうんですよね〜。

そして、ここの旅館の裏には滝があって、その滝の水は延命水として、
有名だったので、水を貰ってきましたよ。

この日は、前日駐車場渋滞でゆっくり出来なかった、大涌谷へ行きました。
散策路の片方が、ガスが多いため、通行禁止になってました。
(あの、立ち止まったらいけないところ辺りが、凄いガスなのかしら?)
黒タマゴを茹でてる場所の上の小屋まで行って、裾野まで見える
富士山を堪能してきました。(昨日は雲で見えなかったの。)
本当に大きくて綺麗な富士山でしたよ〜♪
そうそう、MIMSちゃんがコメントしてくれてたように黒タマゴは、
1つ食べると七年、2つ食べると十四年の寿命がのびるとか?って
袋に書いてあるのです。
(* ̄m ̄) ププッ、私ったら、この旅行中プラス帰ってからのを
含めると、5個も食べちゃったから、あと35年は生きるのかしら〜?

その後、男性陣は『成川美術館』、女性陣は『箱根テディベア・
ミュージアム』へ行き、それぞれ楽しみました。
『箱根テディベア・ミュージアム』は、いろんなテディベアが展示
されていて、とっても可愛かったです。
芦ノ湖の展望も良いので、女性にはお勧めかも〜。

箱根湯本駅周辺でお土産を買って、試食三昧(?!)散策してから、
帰宅しました。
天気にも恵まれ、義父母がとても喜んでくれたので、よい旅行でした。
仕事で疲れてるのにもかかわらず、ずっと車を運転してくれた夫にも
感謝です。
 

| 旅行回想 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
箱根へ 2002.3.24(日)

2002.3.24

 

3/24(日)・25(月)は、姪が中学を卒業し、今春、高校入学する
ので、義父母・義姉家族・私達夫婦の3家族で、箱根へ1泊旅行を
してきました。

24(日)は、芦ノ湖めぐり遊覧したあと、『箱根ガラスの森』へ。
庭園が美しく、そして色とりどりのヴェネチアン・グラスが飾られて
いて、とても素敵なところです。
中のカフェテラッツァでは、本場イタリア人歌手のカンツォーネの
生演奏もあるのですが、今回は時間がなかったので、外から眺めた
だけになりました。
(ここの、生フルーツティーがとっても美味しいの〜♪)
庭では、木々の生きてる音を聞く聴診器を貸してくれていたので、
借りて木が水を送る音を聞くという貴重な体験をしてきました。
そして、水車小屋には美味しいジャムもあって、お気に入りの場所です。

その後、大涌谷へ行こうと思いましたが、駐車場へ入るまで渋滞して
いたので、名物の黒タマゴだけ購入し、箱根湯元にある旅館へ。。。
箱根湯元までの道も途中から渋滞してましたが、早めにチェックインし
夕食前に散策、大浴場・露天風呂へ入浴しました。
もちろん、夕食後も入浴しましたよ〜♪
 

| 旅行回想 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
川越 2002.1.13(日)

2002.1.13

 

川越大師と言われている、川越の喜多院と
菓子屋横丁へ行って来ました。
結婚してから、毎年恒例となってるのですが、喜多院でお参り
したあとに、菓子屋横丁で懐かしさに浸ってきました。

11時過ぎに喜多院に到着したのですが、11時半からの護摩は
締め切られ、12時半からのになってしまったので、境内のお店で
おでん・みそおでん・甘酒・コーヒーなどで一服してから、夫は
護摩を焚いてもらいにいきました。
私や義母・義姉家族は、これまた恒例の近所の方へのお土産を
購入したり、境内の露天のお店を見て回ったりしてました。
駐車場近くに、生き物を扱う露天で、子犬がいて、その子犬が
とっても人気になってました。
待ってる間にも、売れていたんですよ〜。

喜多院から菓子屋横丁へ向かう途中の、蔵作りの町並みの中を
通りながら、菓子屋横丁へ到着。
手焼きのせんべいや手作りの飴、長いふがし、そして、懐かしい
駄菓子などが置いてあるお店が軒を連ねています。
中を歩くだけでもとても楽しかったです。

帰宅途中に、ファミレス系の焼肉屋さんで、ご飯を食べてから
帰宅しました。
 

| 旅行回想 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>