CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSOREDLINKS
ピクミー
お友達
<< コロッケ作り | main | 「恋するハイエナ」 >>
『幸せの1ページ』
連日グリムス、酸性雨の猫ちゃんが来てます(#^.^#)
今日は、三連休の最終日、敬老の日でしたね。
晴れ間のない曇りだったので、のんびり。
ランチは、池袋大○軒系のお店で、夫はラーメン、私はもりそばに
野菜トッピングを食べました。
ラーメンもりそば、野菜ショコラシュー
その後、ミスドの期間限定ショコラシュー¥105→¥80だったので
購入して食べてみました。
他のドーナツよりも小さめなので、軽く食べられる感じです。

新聞屋さんから貰った劇場招待券で、『幸せの1ページ』を
ジョディ・フォスター好きの夫と観てきました。
(他『ダイブ!』『ワン・ミス・コール』『カンフーパンダ』の中から1本)
『幸せの1ページ』 『幸せの1ページ』
人生なんて、たった1行で変えられる。
ひきこもりの冒険作家にドアを開けさせたのは、
南の島の少女からのSOSメールだった!

『幸せの1ページ』の
 あらすじや感想は・・・↓
『幸せの1ページ』
ウェンディ・オアーの同名の人気児童書を映画化した冒険ファンタジー。孤独なベストセラー作家と、南の島で父親と2人で暮らす少女の奇跡的な出会いを遊び心いっぱいにつづる。ハリウッドきっての演技派、ジョディ・フォスターは本作でこれまでにないコミカルな演技を披露。『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンとともにワイルドなアクションにも挑戦する。大自然の中での究極のスローライフや、賢い珍獣たちの活躍に目を見張る。
<あらすじ>
ベストセラー冒険小説家アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、対人恐怖症で外出恐怖症、そして潔癖症の引きこもり。自分が書くヒーロー、アレックス・ローバー(ジェラルド・バトラー)とは似ても似つかない女性だ。今日も家で一人、新作の執筆に励んでいるものの、原稿はなかなかはかどらない。何か小説に役立つネタはないかとネットで検索していたところ、孤島の火山のふもとで暮らす海洋生物学者ジャック(ジェラルド・バトラー)の記事に目を留める。大いに興味を惹かれたアレクサンドラは、ジャックにメールを送って協力をあおぐことに。アレクサンドラの住むサンフランシスコから、遠く離れた南の島。おてんばな女の子、ニム(アビゲイル・ブレスリン)は、父ジャックと手作りのツリー・ハウスで二人暮し。豊かな自然に囲まれながら、毎日を元気いっぱいに過ごしている。そんなニムは、冒険小説シリーズの強くてかっこいい主人公アレックスの大ファン。寝る前に、新作を読むのを楽しみにしている。ある日、新種のプランクトンを採取するために船旅に出かけるジャックを、ニムは笑顔で送り出す。ひとりぼっちの留守番も、親友のトドのセルキーやトカゲのフレッドがいれば大丈夫。それに用事があるときは、いつでも無線で連絡を取り合うことができるのだ。そんな中、アレクサンドラからのメールを受け取ったニムは、送信者の“アレックス・ローバー”という名前を見て、憧れのヒーローからのメールだと思い込んで大喜び。ジャックが海から戻ってきたら、必ず協力すると約束するメールを返す。一方、ニムをジャックの助手だと勘違いしたアレクサンドラは、小説に使えそうなネタをニムに質問していく。こうして二人の交流は始まった。
ある夜、島を激しい嵐が襲い、ニムは船が難破したジャックと連絡が取れなくなってしまう。ニムは勇敢なヒーロー、アレックスが、必ず自分を助けに来てくれると信じてアレクサンドラにSOSのメールを送る。一方、ニムが幼い子供だと知ったアレクサンドラは、警察に電話してニムを助けようとするが相手にされない。事態の深刻さを憂慮したアレクサンドラは、アレックスの幻影に励まされながら、一大決心をしてニムの暮らす、フィジーの地図にも載っていない島に旅立つことに。果たして、アレクサンドラは無事にニムのもとにたどり着くことができるのか?そしてニムとジャックの運命は…?

原題が『NIM'S ISLAND』というように、これはニムが主人公ですね〜。
ジョディ・フォスター好きの夫には、物足りなかったようです。
私は、動物が可愛かったり、自然たっぷりの南の島での生活はとても
綺麗で素敵だなあって素直に思ったりしてました^m^
アレックス・ローバーをすっかり男性と思い助けを求めるニムと
冒険家とは正反対、極度の潔癖症でひきこもり女性アレクサンドラが
サンフランシスコから島へ向かう姿は、笑えましたね〜。 
実際は怖くて触れないだろうけど、トカゲのフレッドが可愛かったわ〜。
大人が観るよりも、子供向けの映画のような気がしました。
最後が、これで終わり?って感じなのですが、ほんわかしてるから
安心して観終え、ホッとする映画かもしれません。

ネタばれですが、SOSで駆けつけ助けるジョディ・フォスターの
姿は期待しないでくださいね〜^m^
結局は、ニムが自己解決しちゃうので…^_^;
| 映画2008 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kuumin.jugem.cc/trackback/1865
トラックバック